花めぐり藤のトンネル「河内藤園」

ゴールデンウイーク時期の花めぐりというと、ツツジと藤

今回の花めぐり藤のトンネル河内藤園に行きました。

 
「世界の絶景10選」に選ばれ、「日本の絶景31選」ではトップでも紹介され

口コミや、SNSの拡散で、日本だけでなく世界中で話題になっている「河内藤園」です。

 
ネットで写真は見ましたが、現物の巨大な藤棚と藤のトンネルを見ると、壮大でありその美しさに圧倒されます。

 
敷地面積3000坪と、日本でも有数な広さですが、私営の藤園だそうです。

毎年見頃となる4月下旬~5月上旬は、多くの見物客でにぎわう、巨大藤棚と藤のトンネルの河内藤園です。

 
【河内藤園】
■住所:北九州市八幡東区河内2丁目2-48
■TEL:093-652-0334

1977年4月開園。
110mと80mの長さの藤のトンネル
1000坪の大藤棚、ドーム型の藤棚、坂道の藤棚などがあります。

藤の花の種類は、野田長藤、口紅藤、赤紫、青紫、紅、白、八重、長、中、短などの各種。22種類で計150本以上。
(パンフレットより)

 
ナビの案内のとおり、黒崎インターで下り、細いクネクネ道を山越えし、河内藤園の上に出てきました。

この道、大きい車の方は避けたが良いでしょう。

大谷インターで下り、河内貯水池の方へ登ったが道が広いです。

 
9時半到着、満開の時期は8時開園で、既に藤園入口、進入待ちの車の列。

警備員より、下の「河内温泉あじさいの湯」の駐車場(無料)なら、まだ入れるとの事。

行ってみると、ギリギリ空いてて、すぐ駐車できました。

ここも、もう少し遅かったら、満杯になってたでしょう。

 
本日は5月1日(金曜日)平日でこの状態、休日に行く方は、大渋滞覚悟で行かれたが良いです。

 
河内温泉あじさいの湯の駐車場から、河内藤園までは、歩いて5分ほど。

無理に河内藤園の駐車場に止めるより、コチラの方が良いですね。

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
(※画像はクリックで拡大)
道路から、園入口までは、行儀良く並んで進みます。

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
入口で、入園料の1000円を払います。
藤の花の開花状況で、300円~1000円と変わるようです。
1000円ということは、見ごろな時期ということです。

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110mと80mの長さの藤のトンネルがあり、まずは110mの藤のトンネル。

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)
右側の幅1.5mほどは、藤の木の根を保護するために、入れないようになってます。
入ると、係りの人に怒られます。

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)
必死に自撮り棒を使い、撮影してる人も多いです。
トンネル内や、主要道路での、カメラの三脚の使用は禁止されてます。

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)
外国の方が、美女を撮影されえました。
外人の観光客が多いです。

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
ドーム型藤棚Ⅰ(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
ドーム型藤棚Ⅰ(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
ドーム型藤棚Ⅰ(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
ドーム型藤棚Ⅱ(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
ドーム型藤棚Ⅱ(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚の全景(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
大藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
坂道藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
坂道藤棚(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
80m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
80m藤のトンネル(河内藤園)

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
坂道藤棚を上から

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
80m藤のトンネル
その下に110m藤のトンネル

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
80m藤のトンネル上の出口

 
花めぐり藤のトンネル河内藤園
110m藤のトンネル

 
今回の、花めぐり藤のトンネル河内藤園

園内をゆっくりと周り、1時間半ほどかかりました。

 
11時に、藤園を出て河内貯水池に下りていくと、藤園へ登ってくる対向車線は大渋滞。

帰りは小倉南インターの方へと下りました。こちらの方は車は空いてます。

小倉南インターから登ったが、スムーズに行けるかも知れません。

 
秋(11月中旬~12月初旬)には、紅葉も楽しめるようです。

紅葉の時期には、是非とも来たいと思います。

 
気楽に気ままに趣味生活

花めぐり藤のトンネル河内藤園でした。