野草の花 コハコベ(小繁縷)

 
■コハコベ(小繁縷)  
■ナデシコ科ハコベ属   
■花言葉:「愛らしい」「ランデブー」「追憶」  
■別名:ハコベラ
■名の由来:万葉集の「波久培良(ハクベラ)」から、小さいハコベで。  

 

日本全土の道端野原など、何処にでも生えてる野草。

草寸は、5~30cmほど。

星型の可愛い花は小さく、5~6ミリ、花期は3~9月。。

ヨーロッパ原産、日本には、明治の初めに帰化し全国に増えた。

 
春の七草の一つとして食用にされる。

小鳥の餌としておなじみで、ヒヨコグサ・スズメグサの俗称がある。

 
似た仲間にミドリハコベ・ウシハコベがある。

ミドリハコベとともに、単にハコベとも呼ばれることもある。

 
野草の花 コハコベ(小繁縷)
(※画像は全てクリックで拡大)

野草の花 コハコベ(小繁縷)

野草の花 コハコベ(小繁縷)