クチナシ(梔子)の実
 
■クチナシ(梔子)の実
■アカネ科 クチナシ属 
■花言葉:「喜びを運ぶ」「とても幸せです」「洗練」「優雅」
■名の由来: 果実が熟しても裂けたりはじけたりしないので、口が無い「口無」。また果実の頂点に残る萼を鳥のくちばし、果実を梨に見立てて、口のある梨「口梨」など諸説。

 
樹の高さは1~3m。6~7月に白い花が咲く。品種改良によりバラのような、八重咲きの種も作られてます。

12~1月に、オレンジ(黄色)色の実がなる。

 
クチナシの花の香りは強く、甘く鼻をくすぐるような香りを放ちます。

花言葉の「喜びを運ぶ」も、その香りにちなんでといわれてる。

アメリカでは男性が女性をダンスパーティーなどに誘う場合、クチナシの花を贈るそうです。

八重咲きの種のクチナシの花は、ウエディングブーケにも使われたりします。

花言葉といい、めでたいことに使われる花のようです。

 
乾燥させた実は、山梔子(サンシシ)と呼ばれ、消炎、止血、鎮痛、解熱などの民間薬として使われてました。

また実には、黄色の色素「クロセチン」を含んでおり、布や、きんとん・たくあんの着色料に使われてました。

 
将棋台の足が、クチナシの実をかたどり、八角形に作られてます。

これは「クチナシ(口無し)」にかけて、対局中は「助言無用」ということからだそうです。

 
四季の実、冬に生る草木の実 クチナシ(梔子)の実

 
クチナシ(梔子)の実

クチナシ(梔子)の実

クチナシ(梔子)の実