野草の花 ナズナ(薺)

 
■ナズナ(薺)   
■アブラナ科 ナズナ属     
■花言葉:「すべてを捧げます」  
■別名:ペンペン草・シャミセン草    
■名の由来:夏になると枯れる、つまり夏無(なつな)から、撫でたいほど可愛い花の意味   

 
日本全国の道端、空き地、畑などに生える野草、春の七草の一つ。

草寸は10~40cm。

花は4枚の花弁をもち、直径3~5mm、花期は3~6月。

 
別名の「ペンペン草」「シャミセン草」は、果実の形が三味線のバチに似ていることから。

 
ナズナは食用の野草で、粥・おひたし・和え物・テンプラ・餃子の具、など色んな料理の素材として利用される。

 
「ペンペン草も生えない」という言葉があるが

これはナズナが、いかに荒廃した土地にでも生育することから

それさえも生えないということの意味。

 
気楽に気ままに趣味生活

趣味の写真 花・実・風景より、野草の花 ナズナ(薺)

 
(※画像は全てクリックで拡大)
野草の花 ナズナ(薺)

野草の花 ナズナ(薺)

野草の花 ナズナ(薺)

野草の花 ナズナ(薺)