野草の花 オドリコソウ(踊子草)

 
■オドリコソウ(踊子草)  
■シソ科 オドリコソウ属  
■花言葉:「快活」「陽気」
■別名:オドリバナ(踊花)・コムソウバナ(虚無僧花)  
■名の由来:花が笠を被り輪になって踊ってる人のように見えることから。  

 
北海道~九州の、道脇や山際の日陰の辺りに生える多年草。

草寸は30~50cm。ヒメオドリコソウに比べ数倍大きく、葉はシソにそっくり。

 
花期は、3~5月、白から濃桃色の花が咲く。

黄色の「キバナオドリコソウ」もある。

 
花冠は長さ3~4cmで、上唇はかぶと状下唇は3裂する。

 
別名のコムソウバナ(虚無僧花)は、笠をかぶったお坊さんが並んだように見えることから。

 
気楽に気ままに趣味生活

趣味の写真 花・実・風景より、野草の花 オドリコソウ(踊子草)

 
(※画像は全てクリックで拡大)
野草の花 オドリコソウ(踊子草)

野草の花 オドリコソウ(踊子草)

野草の花 オドリコソウ(踊子草)

野草の花 オドリコソウ(踊子草)