野草の花 ユキノシタ(雪ノ下)

■ユキノシタ(雪ノ下) 
■ユキノシタ科 ユキノシタ属  
■花言葉:「愛情」「好感」「切実な愛情」「軽口」
■別名:コジソウ(虎耳草)・キンセンソウ(金線草)・ミミダレグサ(耳だれ草)  
■名の由来:雪のような白い花をかぶって、その下に緑の葉を広げるから。白い舌状の花の形から「雪の舌」⇒「雪の下」。 

 
北海道を除く、日本全国に分布する多年草。

湿った半日陰の岩場などに自生する。

紅色の糸状の長い枝を四方に出して、地面を這うように伸びていく。

 
花期は5~6月で、高さ20~40cmの花茎を伸ばして多数の花を咲かせる。

花は5弁で、上の3枚が小さく3-4 mm。下の2枚は白色で細長く約15-20 mm。

 
古くから民間薬として、火傷・虫刺され・耳の病気等、色々と利用されてた。

葉は、天ぷらやおひたしなどにして食用にされる。 

 
気楽に気ままに趣味生活

四季の草花より、野草の花 ユキノシタ(雪ノ下)

 
(※画像は全てクリックで拡大)

野草の花 ユキノシタ(雪ノ下)

野草の花 ユキノシタ(雪ノ下)

野草の花 ユキノシタ(雪ノ下)

野草の花 ユキノシタ(雪ノ下)

野草の花 ユキノシタ(雪ノ下)

野草の花 ユキノシタ(雪ノ下)