山歩き 可也山(かやさん)

 
今回の気楽にきままに山歩き

福岡県糸島市の「可也山(かやさん)」に登ってきました。

 
前回登った「浮嶽」より、北東方面に10kmほどの山です。

可也山(かやさん)は、糸島半島の唐津湾に面した西側に位置してます。

 
形の整った独立峰の山で、見る方角によっては、富士山そっくりの三角錐に見える山で

「糸島富士」「小富士」とも呼ばれてます。

標高は、1年の日数と同じである、365m。

■可也山(かやさん)
■福岡県糸島市
■標高 365m
■日時:2月6日 正午より
■歩行時間 登り:1時間30分、下山:1時間

 
山歩き 可也山(かやさん)地図
(※画像はクリックで拡大)

登山ルートは、小富士ルート・師吉ルートがあり、今回は標高0mの海から登れる、小富士ルートで登った。

天候は、雲は若干あるが晴れてて、登り坂を登ると汗が出るほどの、今の時期にしては凄しやすい天候である。

登山道への車道入口である、北山神社より200mほど先の、海岸上の道脇空き地に車を止める。

コンビニ弁当で簡単に昼食を済ませ、12時にスタート。

 
山歩き 可也山(かやさん)

今回は、標高が1年の日数と同じ365mと言うことで、海抜0mからスタートしたかったので、道下の海に降り海面に足を下ろす。

 
山歩き 可也山(かやさん)

県道54号線沿いの、「北山神社」の横から、登山口へ向かい、住宅地の中を歩く。

 
山歩き 可也山(かやさん)

「小富士の梅林」の中の緩やかな傾斜の道を進む。

この地区には、約3000本の梅が植えられてるらしい。
時期的に少し早く、2月終わり頃なら見頃であったろう。

 
山歩き 可也山(かやさん)

梅林の中に、蜂蜜用の蜜蜂採集箱が設置してあった。
梅の花で出来たハチミツは美味しいであろう。

 
山歩き 可也山(かやさん)

コンクリート舗装が終わり、未舗装の道路を進む。

 
山歩き 可也山(かやさん)

車が進入できる道は終わり
「可也山登山道入口」の看板が倒れたままの状態で、私たちを迎えてくれた。

 
山歩き 可也山(かやさん)

竹林の中を進む。傾斜は徐々に増してくる。
落ち葉が積み重なり歩きにくい。

 
山歩き 可也山(かやさん)

自然林の中を歩く。傾斜は更に増し、息は既にハァ~ハァ~。

 
山歩き 可也山(かやさん)

右側は谷、山の大きさの割には深い谷である。

 
山歩き 可也山(かやさん)

まだまだと言う様に傾斜が増してくる。
工事用のトラロープが張られ、それにつかまり登って行くが、落ち葉で滑りなかなか思うようには進まない。

 
山歩き 可也山(かやさん)

見上げると、今から登るところが、壁のように目の前に立ちはだかる。
ここを登り上がると、上が明るくなっており、尾根に出れるような気配が。

 
山歩き 可也山(かやさん)

ロープ場を登りあがると、支尾根へと出た。
「山頂まで0.9km」の看板が迎えてくれた。

 
山歩き 可也山(かやさん)

両脇急傾斜の支尾根の、マサ土むき出しの歩きやすい道を進む。

 
山歩き 可也山(かやさん)

歩きやすい道も直ぐに終わり、また急傾斜の道が始まる。
雨水で堀切状態の登山道。

 
山歩き 可也山(かやさん)

門柱のように両脇に立った石の間を進む。
山の中に大きい石が増えてくる。

 
山歩き 可也山(かやさん)

クヌギの木?の大木がアチコチに。

 
山歩き 可也山(かやさん)

上方に、転げ落ちて来そうに見える、なにやら怪しい形の石が。
棒状と、下に玉状に石が2個。
まるで・・・。
暫くここで小休憩。

 
山歩き 可也山(かやさん)

先のほど石を横から見ると、こんな状態(期待はずれ)。
失敗し倒れなかった、将棋倒し状態。

 
山歩き 可也山(かやさん)

暫く休んで疲れを取ったが、急傾斜登りで、直ぐに疲れが復活。

 
山歩き 可也山(かやさん)

大きい石をまっ2つに割り、そこから木が生えてる。
こいうのは「何故か」好きなので暫く石の周りを見学。

 
山歩き 可也山(かやさん)

見事に割れ目から逞しい木が出てきてる。見習いたい?ものである。

 
山歩き 可也山(かやさん)

倒木を乗り越え、急勾配の登山道を登る。
ロープ場は、総延長100mはあったのではと思う。

 
山歩き 可也山(かやさん)

滑ると、谷へ落ちそうな道の狭さ。
足をつまずかないよう、慎重に歩いていく。

 
山歩き 可也山(かやさん)

ロープ場を終え登りきると、いきなり広い尾根道へ。
師吉ルートの出合である。
ここよりは、可也の台形の形の山頂稜の、平坦で整備された尾根道を歩く。

 
山歩き 可也山(かやさん)

まもなく一段高くなった場所に「可也神社」

 
山歩き 可也山(かやさん)

「可也神社案内板」
天平八年(736)新羅に使いする人の歌に「草枕 旅を苦しみ 恋おれは 可也の山べに さ男鹿鳴くも」と書かれ、万葉に歌われた山・・・

 
山歩き 可也山(かやさん)

緩やかな勾配の道を、山頂に向かって進む。

 
山歩き 可也山(かやさん)

可也山山頂 標高365m(1年の日数と同じ)
展望は全く無し。

 
山歩き 可也山(かやさん)

山頂から数分で、展望広場へと。

初老の方がスケッチ中。
他には夫婦?が1組。

 
山歩き 可也山(かやさん)

展望は、360度と言いたい所だが、一部木が伸びて、270度か。

 
山歩き 可也山(かやさん)

可也山展望台より、東方向、糸島市街地・糸島平野方面。

 
山歩き 可也山(かやさん)

可也山展望台より、北東方向、宮地岳・柑子岳方面。

 
山歩き 可也山(かやさん)

可也山展望台より、北方向、火山・彦山方面。

 
山歩き 可也山(かやさん)

可也山展望台より、北西方向、玄界灘・芥屋の大門・立石山方面。

 

15分ほど休憩して、同じ道を下山する。

落ち葉が積もり、滑りやすい道なので注意して下る。
相棒は途中で滑り、背中を強打!

 
登りは、約1時間30分。
下山は、約1時間ほどの工程だった。

今回の、気楽に気ままに山歩き「可也山」

広大な「小富士の梅林」
そして、途中の小富士集落
枝垂れ梅など、梅ノ木を庭に植えてある民家が多い。

梅の開花時期に、再度訪れたいところである。

 

気楽に気ままに趣味生活

下山後、まだ帰るには早い時間だったので

「芥屋の大門(けやのおおと)」へと向かう。