野草の花 ナノハナ(菜の花)

 
■ナノハナ(菜の花)  
■アブラナ科 アブラナ属  
■花言葉:「明るさ」「快活な愛」「小さな幸せ」  
■別名:ハナナ(花菜)、アブラナ(油菜)、ナバナ(菜花)、ナタネ(菜種)  

       
「菜の花」とは単独の花のことではなく、アブラナ科植物の総称。

白菜・キャベツ・ブロッコリー・小松菜・野沢菜、の花も全て菜の花と呼ぶ。

 
開花時期は、2月から4月。

 
菜とは食用の意味であり、菜の花とは食用の花の意味もある。

おひたしや和え物・炒め物など、広く料理の食材として利用され食べられてる。

菜の花は栄養を多く含んでおり、カルシウムはホウレンソウの3倍含まれてる。

 
アブラナの花の実から、菜種油をしぼりとったりされていた。

カラシナ(芥子菜)からは、香辛料のカラシの原料とされた。

 
(※画像は全てクリックで拡大)
野草の花 ナノハナ(菜の花)

野草の花 ナノハナ(菜の花)

野草の花 ナノハナ(菜の花)

野草の花 ナノハナ(菜の花)