野草の花 オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

 
■オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)  
■オオバコ科 クワガタソウ属 
■花言葉:「誠実」「忠実」「信頼」   
■別名:瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳  
■名の由来:果実が犬のフグリ(陰嚢)に似てるから。日本在来種のイヌノフグリよりも花が大きいので。  

 
草寸は10~30cm、花期は3~5月。

花びらは4枚、雄しべは2本。花の色はコバルトブルー色で、紫色の筋が入る。

陽の光で開閉し、通常一日で落花する。

 
ヨーロッパ原産で、日本には明治初期に帰化し、その後日本全国に広く分布した。

原産地のヨーロッパで「キャッツ・アイ」(猫の目)、「バーズ・アイ」(鳥の目)と呼ばれて。
  
 
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)と、かわいそうな名を付けられてるが

一面に沢山の花が咲いてる場面では、宝石を散りばめた様で、綺麗な花である。

 
気楽に気ままに趣味生活

趣味の写真 花・実・風景より、野草の花 オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

 
(※画像は全てクリックで拡大)
野草の花 オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

野草の花 オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

野草の花 オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

野草の花 オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)